結婚式といえば式場などの専用施設内で行うイメージが強いですが、リゾ婚のように、海で行う結婚式も雰囲気があって良いですよね。また、夏の時期には涼しげな海を連想させる演出もオススメです。

しかし海をテーマにしたり、実際に海で結婚式を行う為には、どのような準備が必要なのでしょうか?

今回は海がテーマの結婚式を、よりオシャレに見せてくれる演出について紹介していきます。

 

海がテーマの結婚式

海といえば、白い砂浜に爽やかなブルーのイメージが浮かびますよね。

 

テーブルコーディネートにも、ドレスにも白とブルーのテーマカラーを取り入れれば、一気に美しい海辺の景色が浮かびます。

LilaFlowersさん(@lilaflowerstokyo)がシェアした投稿

 

青と白を取り入れて、まるで竜宮城に来たようなウェルカムスペースや、フォトブースでゲストをお出迎えするなんて演出もオシャレですが、カジュアルさを出したい花嫁さんには、マリンテイストもオススメです

 

海をイメージした演出

ペーパーアイテム(席表・メニュー表)

海をイメージさせる、白やブルーのペーパーアイテムは、テーブルクロスとの配色によって、グッとオシャレ感が増すのが特徴です。

濃い色なら大人ウエディング、淡い色なら可愛らしいナチュラルウエディングなどブルーの色味によっても印象が大きく違うので、色味にこだわってみるのも良いですね。

また、色味だけでなく砂浜の砂や貝殻を使った演出もあります。テーマカラーに白やブルーでない色を使用していても、海を感じてもらうことが出来ます。二人で実際に海へ行き、集めてくるのも良い思い出になりそうです。

 

we_do_since2017さん(@we_do_since2017)がシェアした投稿

 

ウェルカムボード

海をイメージするウェルカムボードの定番といえばやはり、貝殻や麻ひも、ロープなどを使ったものがとても可愛いですよね。

ちょっと変化球を楽しみたい花嫁さんにオススメなのが、サーフボード形のウェルカムボードです。絵や写真をデザインに盛り込んで、二人だけのオリジナルのボードを作りましょう。

yuka-yさん(@yukay0112)がシェアした投稿

GLASSEAsurfshopさん(@glassea_surfshop)がシェアした投稿

 

アイルランナー

海辺での結婚式にオススメの演出アイテムが、アイルランナーです。

二人の生い立ちや思い出などをプリントしたバージンロードは、二人だけでなくゲストにとっても、強く印象に残ります。

布の色で海の涼しげな色を使用しても良いですし、ロゴを入れることも出来るので、貝殻や波をイメージしたデザインを取り入れると、海というテーマがより一層伝わりますね。

アイルランナーは特に砂浜など屋外でのウェディングの場合、どこでも即席にバージンロードを作れるのがポイントです。

波が打ち寄せる場所や砂浜でお式を行う場合、布だと濡れたりヒールで穴が空いたりするリスクがあるので、ターポリン生地を使用するのがオススメです。

Margaret Ruauxさん(@weddingaislerunners)がシェアした投稿

natsukiさん(@natsu_parsley)がシェアした投稿

 

海をイメージした飾り

会場装飾

会場のテーマカラーを白やブルーに決めたら、テーブルコーディネートやお花にも、白やブルーを取り入れてみましょう。涼しげで爽やかなブルーのお花が、二人をより一層華やかに見せてくれそうですよね。

ウェルカムスペースには、マリンテイストの雑貨を集めたフォトブースを作ってみるのもオススメです。

メッセージボードの代わりに、ハートだけでなく魚や亀の形の石も入れた、ハートドロップスを置いて、ゲストからのメッセージを集めれば、結婚式後もずっと記念に残りますね。

K.yokoさん(@suppinpug829)がシェアした投稿

 

ドレス

ビーチの砂浜や波をイメージさせるブルーのドレスは、存在感が大きいだけでなく、イエローやパープルのお花の色を、より際立たせてくれます。

淡いブルーのドレスには、腰回りのリボンのデザインがあるものを選べば、スッキリとした印象にもなります。

ウエディングドレスには、海から上がって来た人魚のような、マーメイドデザインのドレスもオススメです。

 

Summer Weddingさん(@piena417)がシェアした投稿

hrnさん(@kjfam_wd)がシェアした投稿

ハウスブライドさん(@housebride)がシェアした投稿

 

ヘアアクセサリー

海をテーマにしたヘアアクセサリーでオススメなのが「シェル冠」です。
貝殻やパールを使った冠は、まるで海から上がってきたばかりの人魚を連想させます。

使用する花の色で、印象がガラッと変わるので、お色直しで違った色の冠に変えてみるのも、良いですよね。

 

chouette!さん(@chouette_mariage)がシェアした投稿

 

海のウェディング

海のウェディングと聞いて、リゾ婚のように本当に海で行う結婚式をイメージする人も多いと思いますが、式場で海を表現することもできるのです。

海が見えるチャペル

まず、海に面した場所にある式場を選ぶ方法です。大きな窓から見える青い空と青い海は、見ているうちに本当に海での結婚式を行っているような気持ちになる解放感です。

横浜や神戸などの港町の式場では、海に沈む夕日を楽しんだ後、夜になると海に映る夜景も楽しめるので、また更にロマンチックな雰囲気になりますね。

marinaさん(@marina_wd00)がシェアした投稿

 

ビーチウェディング

ビーチウェディングにオススメなのが、沖縄です。真っ青な海や夕日の沈む夕日など、時間帯によって全く違う表情を見せる海の目の前で挙式を行う事が出来ます。

雨天には、海の見える会場に変更するなど臨機応変に対応してもらえるので安心ですね。

 

 

海外ウェディング

海をテーマにしたいという強い気持ちがあれば、海外での結婚式もオススメです。

日本で見られる海の色や砂浜の色と、どこか違う海外のビーチでの結婚式は、女子の憧れですよね。

 

 

まとめ

海を感じる結婚式のオススメ演出や会場について紹介してきました。

  • 海を連想する白やブルーをテーマにする
  • ペーパーアイテムなどを利用して海をイメージする演出を行う
  • 会場装飾やドレスに海をイメージする装飾のあるものを選ぶ
  • 海に面した会場を選ぶ

 

夏婚にはどうしても暑さが付きものですが、会場装飾や式場から見える景色から涼しげな印象を取り入れて、夏にしか楽しめない結婚式作りが出来ると良いですね。