結婚式といえばたくさんの可愛いアイテムが必須ですね。

私も結婚式の準備を始めた時「できるものは全部手作りしたい!」と思っていました。

しかしあれもこれも…と手作りしていると時間も手間もかかり結婚式前に疲れ切ってしまう、などという事になりかねません。

今回は結婚式で手作りしたいもの、発注した方が良いものについてご紹介していきます。

結婚式で手作りアイテムが流行っている理由

以前までは結婚式はプロに任せて盛大にというのが主流でした。

しかし最近では手作りアイテムを取り入れる人が増えてきています。その理由は主に以下の2つです。

おもてなし婚

結婚式には欠かせない招待状を例にあげてみてもわかるように、招待状を手作りするとなると大変な労力が必要だと思いませんか?招待客が増えれば増えるほど時間も手間もかかります。

しかし手間暇かけて作る事で感謝の気持ちを込めることができますし、受け取る側もおもてなしの心を感じられるのではないでしょうか。

招待客への感謝の気持ちを伝えたいということも手作りアイテムが増えている理由です。

節約婚

結婚式を挙げることはゴールではなくこれからの2人の生活の始まりでもあります。

新婚旅行に新居、さらには子供が生まれる…など先のことも考えると結婚式だけに膨大な費用をかけるわけにはいかないという人が多いでしょう。

そういった意味でもプロに頼むより自分たちでできるものは手作りするとコストダウンにつながることから手作りアイテムが増えています。

 

絶対に手作りしたいアイテム一覧

1 ペーパーアイテム

基本となるのが招待状と返信用ハガキです。市販のものに印刷するだけで可愛い招待状を作ることができるのでおすすめです。

また席札も手作りにして一人一人違うメッセージを添えたりするのも素敵ですね。

他にもプロフィール、メニュー表などが王道の手作りアイテムです。

はるさん(@yh1103wd)がシェアした投稿

2 ウェルカムボード

ウェルカムボードは絵が得意な方であれば絵を描いてしまうのもありですし、印刷したり造花を飾ったりと割と自由に作れます。

写真などもちょっとした角度や位置で雰囲気が変わってくるのでこだわりのものを作りたいという方にはおすすめです。

3 ウェルカムドール

好きな人形にタキシードやベールを被せて飾ったものです。

私が結婚式を挙げたときは2人の思い出のぬいぐるみがあったので手作りしましたが、式から時間が経った今でも玄関に飾って当時を振り返れるので作って良かったと思っています。

Akiko Kさん(@akk.msi)がシェアした投稿

4 リングピロー

2人の指輪を重ねて置くタイプの物や別々に置くもの、色や素材から様々です。

小さなものなので披露宴で受付に飾る人も多く皆に見てもらえるのでおすすめです。私は今も婚約指輪と結婚指輪を置くのに使っています。

h_y.wd0429さん(@yok0429wd)がシェアした投稿

 

手作りできるけど発注した方がいいアイテム一覧

1 席次表

ペーパーアイテムの中でも席次表は出席者のお名前と関係性が書いてあるものなので、漢字の記載ミスや欠席者の修正など何度も印刷し直すことが多いアイテムです。

欠席者が出るというのは実は珍しいことではなく、式直前の時間がない中で慌てないためにもプロにお願いするのが良いでしょう。

2 アイルランナー

アイルランナーを手作りする場合、式場に行きサイズを測り、合う布を探し設計図を作るという所から始まります。

他のアイテムとは違い作るときに広い空間が必要ということと、1枚の布なので失敗したときに一から作り直す…という場合も。

また、アイルランナーは大きなものなので式場に合わせてみたらイメージと違う…というパターンもあります。何度も式場に足を運んで手直しするよりプロに発注しておけば安心です。

Weddingaisle.jpさん(@weddingaisle.jp)がシェアした投稿

 

まとめ

手作りしたほうが良い物で代表的なものをまとめると

  • 席次表以外のペーパーアイテム
  • ウェルカムボード
  • ウェルカムドール
  • リングピロー

 

どれも作るのにあまり時間がかからないというのと、式直前に手直しの必要がないという特徴があります。

反対に発注した方が良いものは

  • 席次表
  • アイルランナー

この2つは何度も手直しが必要なことが多いアイテムなので発注した方が余裕を持って結婚式の準備に取りかかれるでしょう。

手作りと発注どちらを選ぶにしても納得のいくアイテムができるよう自分たちに合った方法を探すことが大切です。自分たちに合う方法で素敵な結婚式を作りあげてみてはいかがでしょうか。