結婚式では「私たちらしさ」を表現したい!
周りと同じ様な結婚式じゃなく、私たちだけにしかできない、結婚式にしたい!

という思いで、準備をすすめますよね。

そこで、「私たちらしさ」を表現する方法をご紹介します。

場所で表現

まずは、場所で、「私たちらしさ」を表現してみませんか?
結婚式って、専門の結婚式場じゃないとできないわけじゃないんです。

野外ウェディングをしてみませんか?

野外といえば、ガーデンウェディングはメジャーですよね。
その他にも、浜辺でのウェディング、プールサイドでのウェディング、屋上でのウェディングなど、野外でウェディングができます。

出典:東京ゲストハウスウェディング

野外ウェディングのメリットは、何と言っても開放感!

教会だときちんと感が出て、多少の緊張感がありますが、野外は和やかな雰囲気で挙式を挙げられます。
秋の結婚式シーズンなど、お天気が安定している時期は、特に◎。

立食や自由な席を選べるなど、カジュアルな演出も可能。
参列者同士の距離も近く、気持ちが伝わりやすい結婚式になりそうですね。

ただ、雨が降ると・・・。

雨天でも対応していただけるように、しっかり確認が必要になります。

 

こんな場所もアリなの?

調べると意外といろんな場所で結婚式ってできるんです。
変わり種の結婚式をご紹介します。

イベントでの結婚式

毎年、あやめの時期に結婚式をする地方もあります。
全国から募集をしている地域もあり、「嫁入り舟」は、あやめ目的のお客様からも大きな祝福があり、とても感動的です。

出典:水郷三都観光推進協議会

二人の思い出のイベントがあれば、問合せてみてもいいですね。

 

電車で結婚式

山手線や都電など、電車でも結婚式が挙げられます。

出典:みんなのウェディング


出典:鉄道新聞

新郎新婦にも参列者にも心に残る結婚式になりそうですね。

 

アミューズメントで結婚式

水族館や動物園、有名なのはディズニーランドでの結婚式。
卓球の福原愛さんがディズニーランドで結婚式を挙げたことは、記憶に新しいですよね。

出典:ディズニーランドホテル

 

その他にも、東京タワーや二条城なんてユニークな会場を選ぶカップルもいます。

ホテルや結婚式場だけじゃなく、場所から個性を表現するカップルはたくさん!
思い出の場所や、大好きな場所で記憶に残る結婚式にしてみてはいかがでしょうか。

 

アイテムで表現

結婚式には様々なアイテムが登場します。
そして、結婚式で使うアイテムには、それぞれ、素敵な意味が込められています。

結婚式を個性的に演出してくれる、素敵なアイテムをご紹介します。

ウェルカムタペストリーで豪華に

入り口で参列者を迎えるウェルカムボードは、一般的になってきました。

では、ウェルカムタペストリーで個性を表現してはいかがでしょうか?

ボードよりも大きいので、華やかさが出ますし、タペストリーの前に写真スポットを作ってみるのもいいかもしれません。

高砂の上で写真を撮ることが増えるので、屏風の代わりに、タペストリーを飾ってもいいですね。

 

バルーンで華やかに

お花だけでなく、バルーンがたくさん飾ってあると、ポップでかわいい印象を表現できます。

出典:みんなのウェディング

 

ブーケトス

新郎はブロッコリートスなども流行りましたが、今はいろんなものをトスしています。
カリフラワーに野菜、アフロカツラやバスケットボール、お菓子投げをしたり・・・

出典:Bride’s Dictionary

最近は自由度がアップしています。

 

オープニング、エンド、動画の数々

二人の個性を発揮できるのが、オープニングやエンドで流す動画の数々。

最近では、結婚式の風景を撮影し、急ピッチで編集。エンドロールとして動画を流す。なんてサプライズ満点の動画を作成してくれる式場もあります。

結婚式では当たり前になった演出だけに、二人の個性を発揮することで、感動を呼び、笑いを誘うこともできますね。

 

前撮りでおもてなし

結婚式当日はバタバタするので、前撮りするカップルも増えましたよね。

前撮りすることで、引き出物やドラジェ、ちょっとした小物に、前撮りの写真を活用することができます。

結婚式感がアップするので、オススメです。

 

アイルランナー

最近、日本でも流行ってきているのが、アイルランナーです。
バージンロードに敷く布のことを言います。

アイルランナーに、名前や日付、写真、メッセージなど、プリントすることで、バージンロードをデコレーションすることができるアイテムです。

まだまだ新しいアイテムなので、見かけることが少ないため、印象に残るアイテムになること間違いなし!

セレモニーで表現

結婚式には様々なセレモニーがあります。
その一つ一つに、素敵な意味があるんですよ。

ベールダウン

花嫁さんのウェディングベールをおろし、花嫁を式へと送り出す儀式を、ベールダウンセレモニーと言います。

母親が担当することが多く、結婚式の中で唯一母が娘に想いを伝えることができる時間でもあります。
ベールダウンの代わりにアクセサリーを付けてもらう演出に変えても素敵ですね。

フラッグガール

海外では定番のセレモニーで、「新郎新婦が入場するよ〜」とフラッグを持ってお知らせしてくれます。

小さい子どもさんが、可愛いフラッグを持って歩く姿は、とってもキュート。
式場全体を和やかな雰囲気にしてくれますし、何と言っても、その可愛さに微笑ましくなります。

出典:ゼクシィ アーフェリーク迎賓館 小倉

 

アイルランナー

先ほども紹介しましたアイルランナーにも、可愛いセレモニーがあります。

ロール状のアイルランナーの両脇にあるリボンをひっぱって、アイルランナーを敷くセレモニーです。

出典:ゼクシィ ノートルダムセンティア Notre Dame SCENTIA

こんな風に、可愛い子どもさんに敷いてもらうと、新しいアイテムへの驚きと、新しいセレモニー、そして、子どもさんの可愛さで、素敵な雰囲気に包まれます。

 

素敵な演出で二人らしさを表現

最近の結婚式は、型にはまらず、随分と自由になってきました。

やろうと思えば、どんなことでも可能になります。

二人らしさを思いっきり表現して、印象的で素敵な結婚式にしてください。