バージンロードの演出に、リングガールという方法がある事を知っていますか?

リングガールは指輪交換の際に祭壇まで、指輪を届けてくれる女の子のことを言います。欧米から伝わった文化で、欧米ではリングボーイと呼ばれていて、親戚の男の子が務めることが多いようですが、日本では女の子が務めるケースも多いようです。

今回は、そのリングガールの演出に向けて、準備すべきことを紹介していきます。

 

リングガールとは

リングガールは、欧米から伝わった挙式の演出のひとつです。結婚指輪の乗ったリングピローを持ち、祭壇の前まで運ぶ役割を担っています。

演出を行うタイミングは、新郎が入場する際に神父さんの後ろを歩いたり、新婦と父親の入場の際に前を歩いたり、指輪交換の直前に行ったりと様々です。

バージンロードをしっかりと歩くことのできる、4歳から10歳の子どもが行うのが一般的です。

 

準備1 リングピロー

小さな子どもに持って歩いてもらうため、リングピローは指輪を紐で固定するなど、なるべくしっかりとした作りの物を選びましょう。

落としてしまわないように、リングピローをカゴにして持ちやすくしたり、カートや手押し車を使う方法もあります。

まだ、安定してあるくのが難しい小さな子の場合に歩行器を使用したり、緊張がほぐれるようにと車の乗り物を用意した花嫁さんもいるようです。

落とさず運べるように、年齢に合った様々な方法を考えてみましょう。

 

準備2 ドレス・衣装&花冠

リングガールの衣装といえば、妖精のようにふわっとしたドレスをイメージしますが、ドレスや花冠は一体誰が準備するのでしょうか。

両親が準備するといった場合も多いようですが、リングガールをお願いする段階で「衣装は準備するから」と一言伝えるとお願いされた側としても、安心して当日を迎えることが出来ますね。

ドレス&衣装

リングガールはフラワーガールと同様に、神聖な存在として、結婚式でゲストが着用NGとされている白のドレスを着ることが認められています。

しかし白は花嫁の色にしたいとこだわる場合には、薄いピンクや黄色といった淡い色を選ぶことが多いようです。

新郎新婦より目立つことがないように、落ち着いた色味を選ぶことをオススメします。

お花が散りばめられたSweetドレス♪

 

ふんわりチュチュプリンセスドレス

 

ハート&フラワーレースシフォンワンピース 花冠

 

シンプルなドレスに合わせて、お花いっぱいの花冠を使うことで、リングガールらしい清楚で華やかなコーディネートとなります。

長めのリボンを使用して、後ろでまとめたようなデザインの花冠を使えば、まるで妖精のような、おとぎ話の世界を演出することも出来ますね。

エレガントローズ フラワーティアラ

 

準備3 お礼

お礼を選ぶとき、その子の好きなものを調べておくことが重要です。

予算は、1000円から3000円程度で、おもちゃやお菓子など子どもの手に持ちやすいサイズ感の物にしましょう。

塗り絵と色鉛筆をプレゼントして、披露宴中に使ってもらうというアイディアも、子ども目線の嬉しいプレゼントですよね。

さらに、お願いした親へのお礼も忘れないようにしましょう。衣装を購入してもらった場合には衣装代になるくらいのお礼があると、スマートな印象です。

 

まとめ

リングガールをお願いする場合に準備すべきことを3点紹介しました。

  • リングピローを工夫する
  • ドレスや花冠は準備して、相手の負担を軽減する
  • お礼を忘れない

 

思わずゲストもうっとりしてしまう、リングガールの演出は、子どもにしか出来ません。子どもや両親が安心して臨める挙式になるように、十分に準備していきましょう。