リングガールは一般的に、リングピローに乗せられた結婚指輪を持ち、バージンロードをしっかりと歩ける、4歳から10歳の子どもを選ぶと良いとされています。

しかし実は赤ちゃんや大人でもOKということを知っていますか?

もし、赤ちゃんにお願いするようになった場合、どのような演出や準備が必要なのか工夫すべき点について紹介したいと思います。

 

リングガールとは

リングガールとは、欧米から伝わった演出で、リングピローに乗せられた結婚指輪をバージンロードを歩き、祭壇まで運ぶ女の子のことを言います。

欧米では男の子が務めることが多く、男の子の場合にはリングボーイと呼ばれています。

新婦の前を歩きながら、かごにはいった花びらを撒いて歩くフラワーガールと同様に、神聖な存在とされています。

そのため、花嫁の色とされている白のドレスを着用して、参加することが認められています。

まるで妖精のようなリングガールが登場しただけで、静寂な雰囲気に包まれていた会場が一気に温かみのある空間になりますよね。

 

リングガールの適年齢

リングガールは一般的に、しっかりとバージンロードを歩いて、リングピローに乗せた結婚指輪を二人のもとまで運ぶことの出来るように、4歳から10歳が適年齢とされています。

 

1歳2歳、赤ちゃんもOK

赤ちゃんにお願いする場合には、運んでいる最中にリングを落とさない工夫が必要となります。

まだ歩くことの難しい赤ちゃんには、歩行器やカートを使う方法がオススメです。

歩行器にロープを付けて新郎新婦に引っ張ってもらうと、時間をかけずに運んでもらうことも出来るので、式の進行を止める心配がありません。

赤ちゃんも、動くことに興味を示して楽しんでくれそうですよね。

akimi さん(@akiii__1116)がシェアした投稿

また、年上の兄弟などに一緒に運んでもらったり、パパやママに抱っこしてもらい運んでもらうといった方法もオススメです。

大勢のゲストの前で緊張して、固まったり泣きだしてしまったりすることもありますが、安心できる人が側にいれば、普段と違う雰囲気に戸惑う赤ちゃんの不安を軽減してあげられますね。

内藤由紀子さん(@yukiko424)がシェアした投稿

 

大人でもOK

リングガールと呼ばれるだけあって、子どもが行うといった印象もありますが、大人が行っても特に問題ありません。

しかし、リングガールの登場するタイミングには注意が必要です。

リングガールは、挙式開始時に神父に続いて入場する場合や、花嫁の前を歩いて入場するという場合もあります。バージンロードという神聖な場所を、新婦よりも先に歩くということに抵抗を感じる人もいるので、登場のタイミングを調整しておきましょう。

新婦の準備から挙式中の介添えを行うブライズメイドという演出もあり、何人かの友人たちが、同じ衣装を着て新婦のサポートをします。ブライズメイドは、新婦の前を歩きフラワーシャワーを配るような演出を担当することもあります。

このブライズメイドにリングガールの役割をお願いするケースもあることから、リングガールは大人でもOKであると言えますね。

YUKOさん(@180429_wedding)がシェアした投稿

Naomi McPheeさん(@naomihashimot)がシェアした投稿

 

まとめ

リングガールといえば4歳から10歳というイメージもありますが、工夫次第で幅広い年齢層の人に任せることが出来ます。

どうしてもお願いしたい!と思った相手がいるのであれば、適年齢に左右されることなく、お願いをして、演出準備を頑張りましょう。