結婚式には、招待状に始まりテーブルコーディネートや、ブーケなどデザインを選択する場面が多くありますが、ベースとなるテーマカラーは決めていますか?

実は、テーマカラーが決まっていると会場全体の統一感や安心感が生まれるので招待客にとっても好印象な結婚式にすることが出来るのです。

今回はそんなテーマカラーの決め方とコツをプロが教えます。

テーマカラーを決める理由

選びやすさ

まずテーマカラーを決めると、ドレスやペーパーアイテムといった物が選びやすくなります。

特にペーパーアイテムは種類が豊富で、なかなか決められなかったという人もいます。また新郎新婦の意見がぶつかり、決めるのが大変だったという人もいます。

事前にテーマカラーを決めておけば、悩む時間の短縮にも、二人のトラブルを避けることにも繋がりますね。

統一感を出す

式場を作っていく上で、結婚式のテーマが決まっていると全体が統一されている印象となります。

二人の共通の趣味だったり、好きなキャラクターを使った飾りつけを行う人がいますが、そのような結婚式は出席した方としても、居心地が良く記憶に残りますよね。

テーマカラーを決めて会場の装飾や演出をすれば、スッキリとまとまり、参列者もリラックスして式を楽しむことが出来ます。

印象に残る

カラーが統一されていると、その色が目に入る機会が増えます。そうすることで、参列者の記憶の中に、今回の結婚式はこの色のイメージだったなという印象を持ってもらいやすい為、より一層記憶に残る結婚式となります。

 

テーマカラーの決め方

好きな色から決める

まずは大前提にある好きな色から決めることをオススメします。

好きな色を選べば、自然とアイテム選びも楽しくなり、結婚式準備から思い出を振り返るまでずっと、楽しい記憶に残る式となるはずです。

思い出の色で決める

例えば二人で行った初デートが海だった場合には青を選んだり、プロポーズされたのがクリスマスなら赤を選んだり、二人の思い出から選ぶ方法もあります。

二人が同じ気持ちで思い浮かべられる色を選べば、より一層二人の気持ちも高まりそうですよね。

もし、お互いがイメージした色が違っていても、両方の色を上手く組み合わせながらカラー選びをしても構いません。

似合う色で決める

人にはそれぞれ、持って生まれた似合う色というものがあります。

肌の色味や瞳の色、そして髪の毛の色などを総合的に見て似合う色を判断するもので、パーソナルカラーと呼ばれています。春夏秋冬の4つのジャンルに分けられ、それぞれに似合うメイクやファッションを知ることが出来ます。

似合う色からパーソナルカラーを選べば、ドレスも間違いなく似合う色を選べそうですね。

こちらのサイトでは、自分のパーソナルカラーを診断することが可能ですので試してみてはいかがでしょうか。

https://www.hn-online.jp/column_color/vol02.html

カラードレスの色で決める

結婚式で参列者が楽しみにしているのは、新婦のドレス姿ではないでしょうか。それほど結婚式全体の中で重要となるカラードレスの色で決める方法もあります。

カラードレスの色から選ぶことで、より印象を引き立てる効果が得られます。

着たいドレスの色が決まっている人は、その色をテーマカラーにしてみることをオススメします。

ココメロディさん(@cocomelody.jp)がシェアした投稿

結婚式のテーマの色から決める

結婚式に、旅、森、海のようにテーマを設ける人にオススメなのが、テーマに合った色を選ぶことです。

テーマを決めていてもウエルカムスペースや生い立ちムービーなどの中で取り入れるだけになってしまう場合もありますよね。会場全体の一体感を作る為にも、テーマカラーも結婚式のテーマに合った色を選んでみましょう。

また、結婚式に二人の生い立ちや思い出を詰め込んだ、アイルランナーを使用する場合にも、結婚式のテーマに合ったロゴデザインや、文字色を選ぶ必要があります。

この時にもテーマカラーを使用することで、挙式から結婚式のテーマを明確に示すことが出来ますね。

あっすーさん(@daiasu_wedding1119)がシェアした投稿

式場の雰囲気から決める

近年結婚式場はホテルだけでなく、一軒家を貸し切ったようなハウス形式、食事会のようなフランクなものまで、様々な進化を遂げています。

白を基調とした会場ならば、ガーデンウエディングで緑をテーマカラーにしても良いですし、ゴージャスな雰囲気の会場ならばゴールドやパープルを使用して大人ウエディングにしても良いですよね。

mayu_wd0408さん(@mayu_wd0408)がシェアした投稿

季節の色から決める

結婚式を挙げる季節に合わせて決める方法もあります。

季節ごとの色は一年に一度、その色をより引き立ててくれます。

特にクリスマスやハロウィンといった大きなイベントが近い結婚式には、結婚式の幸せな気分にプラスして、イベントも楽しんでいるような気分にもなれるので、この選び方がオススメです。

Bridal♡専用さん(@dearbride37)がシェアした投稿

色の意味から決める

それぞれの色には意味や、色が伝える印象があります。

例えば赤は情熱や愛情を表し、青は誠実さや信頼感を与えます。

緑や白は平和や穏やかさを表し、オレンジは元気や明るい印象を与えます。

可愛い印象にしたければピンクを、落ち着いた雰囲気にしたければ黒を選びます。
このように色の持つ意味から、参列者への気持ちを表す色を選んだり、自分がどう見られたいのかを表現できる色を選びましょう。

 

テーマカラーを選ぶコツ

テーマカラーを選ぶ時、もちろん新郎新婦の意見が一致すれば1色にまとめても良いですが、1色にこだわらずメイン色とサブ色、2色選ぶことも大切です。

反対色の組合せ

反対の色とは色を12色に分けた色相関で、反対側にある色のことです。

例えば赤の反対色は青、紫の反対色は緑という具合に反対の色を組み合わせることで、メインの色をより美しく際立たせることが出来ます。

ハッキリした色とふんわりした色

色は単純に色相関にあるような12色だけでなく、同じ赤でも明暗が違うと印象が大きく変わります。

例えば青と水色、ピンクと紫など、同じような色でもハッキリした色と、白を混ぜたような淡い色を組み合わせると統一感が出てメインの色の意味をしっかりと伝えることが出来ます。

 

濃いめの色の組合せ

同じような濃度の色同士を組み合わせることで、カラーイメージがストレートに伝わります。

紺色とゴールド、ボルドーとゴールドなど、濃いめの組合せを使用することで紺色やボルドーのカラーイメージが引き立てられます。さらに大人っぽさやゴージャスな印象も与えられます。

淡い色の組合せ

白と水色、白とグレー、白とピンクなどの淡い色の組合せは、ふんわりとした優しい印象となります。ナチュラルウエディングを意識している人には、特にこの淡い色の組み合わせがオススメです。

nutmeさん(@nutme__g)がシェアした投稿

 

まとめ

結婚式でテーマカラーを決める理由と、実際に決める方法について紹介しました。

テーマカラー決定のオススメ方法は全部で8点でした。

  • 好きな色を選ぶ
  • 二人の思い出の場所やシーンを思い浮かべる
  • パーソナルカラーを使って似合う色を選択する
  • カラードレスの色と合わせる
  • 結婚式のテーマに合わせる
  • 式場のイメージに合わせる
  • イベントや季節を意識する
  • 色の持つ意味から選ぶ

 

一色という印象に囚われず、二人の印象や、思い出、これからの生活を上手く表現するテーマカラーを見つけましょう。