結婚式を挙げるには、会場決めからテーブルコーディネート、ドレスなど決めていく項目がたくさんありますよね。

招待状やテーブルクロス一枚にしても、いくつもの柄があり、色があります。

結婚式を作っていく上で、どのような雰囲気の結婚式にしたいか、というテーマを明確にする必要があります。

今回は、テーマの決め方と決める理由、決められない時の対処法を紹介します。

 

テーマ・コンセプトを決める理由

テーマ・コンセプトとは

結婚式をこんな感じが憧れるなぁ!という漠然としたイメージはありますよね。

この漠然としたイメージの中から、結婚式を挙げる理由や、ゲストにどのような結婚式だったと思ってほしいのか、という点をより具体的にしたものがコンセプトです。

テーマは、コンセプトのように目に見えないイメージとは違って、音や色など五感で感じられるイメージを指します。

テーマを統一することで、よりゲストの記憶に残る結婚式になります。

テーマ・コンセプトを決める理由

式場ごとに規模や機材設備などが変わってくるので、コンセプト決めは会場を決める前に行う必要があります。

もし、ゲストにゆったりリラックスした空間で過ごして欲しいと考えるなら、ゲストの人数に対して、少しゆとりのあるサイズの会場を借りなければなりませんし、ガーデンウエディングを行いたいと考えているのであれば、外会場がある式場を選ばなければなりませんよね。

このように、どのような式場を選び、ゲストにとってどのような印象に残る結婚式にするのか、という二人の方向性を見出すことが出来るのがコンセプトを決める最大の理由です。

akikoさん(@destino_wedding_takata)がシェアした投稿

式場が決まれば、次は細かな式の流れや、会場の装飾について決めていく事になります。

アイルランナーを使用したいと考えている花嫁さんや、席札を手作りしたいと考えている花嫁さんも、このテーマが決まらなければ、ロゴの色や字体など決めていくことが難しいですよね。

伝えたいコンセプトを、上手く表現する際にテーマが必要となるのです。

 

テーマ・コンセプトの決め方

まず、第一に結婚式は二人ものなので、どちらかの意見だけを推し進めることの無いように、気を付けましょう。

初めの段階で、お互いが抱いていたイメージが違っていたとしても、二人の共通点を探してみましょう。

二人の共通の趣味・好きなもの

普段二人の話す話題から決めてみましょう。

例えば好きな音楽やスポーツ、仕事、思い出の場所などから共通点を探します。
もしテーマとなる共通点が見つかれば、道具を持ち込んだり、BGMに使用したりすることで、簡単に二人の世界観を表現することが出来ますよね。

Smiiiiile☺︎さん(@happppy0721)がシェアした投稿

yukiさん(@yuk1_wedding)がシェアした投稿

二人共通の思い

目に見えないイメージであるコンセプトに重点を置いて決める方法もあります。ゲストにどのように参加してほしいか、という点を考えましょう。

大きな笑い声が溢れ楽しい雰囲気、これまでお世話になった人たちへの感謝の気持ち、ゲスト参加型にしたいなど、二人がこの結婚式をどうしたいのか、共通の思いを探しましょう。

地元

どちらかが地元を離れている場合などに使えるのが、地元アピールをテーマにする方法です。

ご当地のキャラクターのぬいぐるみを飾ったり、サンキューギフトに銘菓や特産品を取り入れることで、育ってきた地元を大切にしたいという思いを表現することが出来ます。

Kumiko Yamamotoさん(@yamakumi1018)がシェアした投稿

 

決められない時の対処法

どちらかの意見ではなく、二人で話し合って共通のテーマを見つける必要性を紹介しました。

しかし、二人で話し合う時間がない、二人の共通項が少ないといった理由から、なかなか決められない人は、以下の決め方を参考にしてみましょう。

色・テーマカラー

招待状に始まり、当日式場の席札、花の色、衣装の色などのカラーを統一する方法です。

テーマカラーは一色にする必要はなく、二色のほうがメインの色が際立って見えるので、お互いの好きな色や、思い出のデートから連想される色などを挙げてみましょう。

好きな雰囲気・会場の雰囲気

カジュアルウエディングや大人ウエディングという言葉をよく耳にしますが、好きな雰囲気や、こう見られたいといったイメージから決めましょう。
またプランナーさんに相談すれば、式場の雰囲気に合ったテーマのヒントをもらえるかもしれません。

ryc.25さん(@ryo.__wd)がシェアした投稿

ryc.25さん(@ryo.__wd)がシェアした投稿

キャラクターなどの世界観

特にドレス選びの時に、ディズニープリンセスを意識して選びたい、と思っている花嫁さんもいますよね。

ディズニーの世界観は、煌びやかさや華やかさも出て、結婚式にぴったりですし結婚式が終わった後にも、自宅などに飾って楽しむことが出来ます。

*haruni*さん(@halwed_disney)がシェアした投稿

arikoさん(@ariko.disney)がシェアした投稿

趣味や仕事

趣味や仕事からは、それぞれの人間性であったり、キャラクターを表現することが出来ます。

趣味を楽しんでいる時の写真や、思い出の場所で撮った写真を飾ったりするのはもちろん、共にサイクリングが趣味でロードバイクを持ち込んでいたり、音楽が趣味で余興の時間に演奏したりする新郎新婦もいます。

警察官など仕事によっては、制服を着て結婚式を行う場合もありますが、その仕事に就いていないと出来ない分、オリジナリティが増しますよね。

季節感

春夏秋冬の季節感はもちろんですが、クリスマスやハロウィンなどのイベントに合わせて、テーマを決める方法もあります。

ハロウィンをテーマにして、ゲストのドレスコードを指定したり、フォトラウンドで使用するフォトプロップスにカボチャやキャンディーの物を加えてみるのも、印象に残る結婚式になりますね。

xxxさん(@alohaoe_ee)がシェアした投稿

 

まとめ

結婚式の統一感や二人らしさを表現する上で、必要なテーマ・コンセプトについて紹介してきました。その決め方は二人次第ですが、いくつかの方法があります。
まず二人の共通項を見つける方法です。

  • 二人の趣味をアピールする
  • 二人の共通の思いを明確にする
  • 二人の地元愛を形にする

この他に、共通点が見つからない場合に使える方法です。

  • 色やテーマカラーを決める
  • 好きな雰囲気やどう見られたいのか、式場の雰囲気に合わせる
  • キャラクターなどの世界観を意識する
  • それぞれの趣味や仕事から人間性を伝える
  • 季節感を意識する

このように、多くのアプローチ方法があります。
どの方法を選択しても、二人らしい結婚式が作れることを願っています。