純白のウェディングドレスに身を包み、父親と一緒にバージンロードを歩く・・・

女子なら誰でも1度は憧れるシーンですよね。

 

実は、バージンロードには、とっても素敵な話があるんです。

 

バージンロードとは

バージンロード、実は日本語⁈

バージンロードとは、教会の入り口から祭壇までの中央の通路に敷かれた布や、その通路のことを言います。

 

実は、バージンロードは和製英語で、海外でバージンロードと言っても、通じないんです。
驚きの事実ですね!

海外ではバージンロードのことを「ウェデイングアイル」「ウェディングロード」と言います。

 

そんなバージンロードの始まりはなんだったのでしょう・・・。

 

バージンロードは魔除けだった⁈

キリスト教のチャペルに敷いたのがバージンロード。当然、欧米生まれのものです。

バージンロードは、最初、魔除けの意味で使われました。

『悪魔が、幸せそうな花嫁を妬み、さらってしまう』という言い伝えから、花嫁を守るために、お清めをしたり、布を敷いたりして、その上を歩かせたのです。

これがバージンロードの始まりです。

みんなで花嫁さんの幸せを守もるなんて、ロマンチックですね

 

意外な意味のあるバージンロードですが、歩くことにも意味が隠されているんです。

次は、バージンロードに隠されたの素敵な話・・・

 

バージンロードと花嫁の素敵な関係

誕生の瞬間の話

教会の入り口から祭壇まで敷かれた長いバージンロード。
長いバージンロードは、花嫁さんの生まれてから今までを表しているんです。

バージンロードが始まる場所「教会の扉」には「誕生」と言う意味が込められていて、扉が開く瞬間、花嫁さんの「生まれた瞬間」を表していると言われています。

全ての準備が整った時、教会の扉が開かれます。
その瞬間、花嫁さんは、大きな歓声と祝福の拍手に迎えられます。

あなたが誕生した時も、同じように大きな喜びに包まれていたことでしょう。

 

生まれてから今まで

バージンロードを歩く1歩は、今までの人生の1年を表しています。

1歩目は1歳。立って歩きだす頃です。
2歩目は2歳。お話し始めた頃でしょうか。

13歩目あたりは、きっと・・・。
20歩目は成人ですね。

今までの人生を振り返りながら、ゆっくりと、歩みを進めます。

長いバージンロードの終点には、これからの人生を共に歩んでいく、新郎が待っています。
父親から新郎に受け継がれる瞬間は、感動しますよね。

これまで、家族と共に歩いてきた人生から、新しいパートナーと共に歩いていく人生の転換点です。

 

海外ではアイルランナーに、今までの思い出をプリントして、素敵なバージンロードを作る習慣があります。

 

これからの新しい人生

儀式が終わり、バージンロードを退場する時には、新しい人生の第一歩を踏み出すという意味があります。

新しいパートナーと共に、これからの人生が祝福に満ちたものになるよう、たくさんの「おめでとう」と、ライスシャワーやフラワーシャワーなどでお祝いします。

幸せな瞬間ですね。

 

バージンロードの意味を知って感動的な挙式を

結婚式の一つ一つの演出には、全て、素敵な意味が込められています。

私たちが憧れる、バージンロードには、素敵な話がたくさんありましたよね。

バージンロードの意味を知ると、より感動的な結婚式になりそうですね。