一生に一度の結婚式。
できれば、友人たちと被らない演出をしたい、と思いませんか??

結婚式って、なんとなく、同じようなセレモニーや演出、同じような流れで進むことが多いですよね。
結婚式ラッシュになると、特にカブることが増えそうです。

できれば、それは避けたい!

そこで、雑誌やネットで検索すると、最近、ジワジワと人気になりつつある、あるアイテムをよく見かけませんか??

そう!そのアイテムこそ、アイルランナー(オリジナルバージンロード)です。

海外では常識 日本では新しい

アイルランナーは、バージンロードに敷く布のことを言います。

結婚式が自由な形式が多い海外で、アイルランナーは必須アイテムなんです。

 

こんな風に、花びらでバージンロードを飾ったり、

 

お二人の思いでの写真で飾ったり、

 

オリジナルのロゴマークで、お二人らしさを表現したり。

思いや個性、メッセージを自由に表現できるのが特徴です。
場所も、ガーデンウェディングや、砂浜ウェディング、電車や水族館などのちょっと変わった場所でも、アイルランナーを敷くだけで、簡単にバージンロードができるので、とても人気が高いのです。

海外の結婚式では必須アイテムのアイルランナーですが、実は日本ではとても新しいアイテムの一つ。

これまで、バージンロードに思い入れの強い花嫁さんが時間をかけて手作りをして、使っていました。
雑誌などでも、小さく紹介される程度の、知る人ぞ知るアイテムなのです。

 

インスタ映え間違いなし

ところが最近SNSで、アイルランナーが結婚式をあげるカップルに、ジワジワと人気になり始めているんです。

 

mac2hiさん(@macmac2hi)がシェアした投稿

 

yuiさん(@y_wed_1111)がシェアした投稿

他にも、#アイルランナーで検索すると、アイルランナーの感動シーンがたくさん載っています。

参列者の方も、初めて見るアイルランナーに、感動したり、歓声が上がったり、楽しんでいただけるアイテムなんです。

 

結婚式だけじゃない!アイルランナー活用法

結婚式の時バージンロードに敷くのがアイルランナーなのですが、それ以外の活用方法もあります。

こちらのカップルのように、結婚式の後、披露宴やパーティーの時に、お二人が座るお席の後ろに、吊るしたり、飾ったりすることもできるんです。

披露宴やパーティーでは、お二人の席で写真を撮ることも多いですよね。アイルランナーを背景にすれば、印象に残る写真が撮れますよね。

人前式なら、祭壇の代わりに、アイルランナーを吊るしてもいいですよね。
そこに、お二人の誓いのメッセージが書かれていると、心にも形にも残る結婚式になりそうです。

 

前撮りや写真撮影の時にも、使えるアイテムですね。

アイルランナーは、バージンロードだけじゃなく、発想次第で、いろいろと活用できそうです。
友人とは一味違う結婚式になりますね。

 

結婚式でアイルランナーを使ってみよう

海外では必須アイテム、でも、日本では新しいアイテム、アイルランナー。

ジワジワと流行り始めているので、これから結婚式をお考えの方は、取り入れてみる価値大です。

 

アイルランナーが気になったら、作り方もチェック!